御朱印のいただき方

まずは寺社へ参拝しましょう。御朱印は参拝の証ですから本来は参拝後にいただくのが基本ですが、大きな寺社では先に御朱印帳を預けて参拝中に書いておいていただける所もあります。御朱印をいただく場所は、大きな寺社であれば御守りがおいてある授与所に窓口がることが多いです。見当たらなければ社務所、寺務所でたずねてみましょう。

場所が見つかったら、御朱印帳を開いて書いていただきたい場所がわかるようにして渡します。

豊川稲荷東京別院 授与所

また寺社によっては複数の御朱印があるので、どの御朱印がいただきたいか伝えましょう。待っている間、書いてくださっているところに話しかけ足りしないようにしましょう。後はお礼を言って受け取り、お金を納めましょう。

浅草寺

御朱印代(初穂料)は300円が相場です。「お気持ちで」といわれることがありますが、その場合も一般的な300円で失礼はありません。お釣りのないようの小銭を用意しておくほうが良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 埼玉県秩父市に鎮座する知知夫国総鎮守 秩父神社の御朱印帳です。 三峯神社・宝登山神社とともに秩…
  2. 群馬県邑楽郡板倉町に鎮座する雷電神社の御朱印帳です。 関東地方に点在する雷電神社、雷電社の総本…
  3. 東京都江東区亀戸に鎮座する柳島総鎮守 江東天祖神社の御朱印帳です。 創建は推古天皇の御代です。…
  4. 東京都江東区亀戸に鎮座する亀戸天神社の御朱印帳です。 菅原道真公を奉祀し、学問の神様として親し…
  5. 櫻木神社といえば、毎年ステキな御朱印帳を頒布してくれる神社として有名ですが、今年もまたステキな春大祭…
ページ上部へ戻る